必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

台風は直撃かも・・

連休中は大きな経済ニュースもなく昨日のNY株式市場も、64ドル高で終了と堅調に推移していますが、米債務上限の引き上げ問題は未だに片付かず、期限とされる17日が近づいてきました。
もっとも17日は財務省が示した期限で、実際にはデフォルトに認定される国債の利払いがあるのは23日だと言いますし、それもやりくりすれば大丈夫の声もあるなどの、緊張感の欠如から決着を遅らせています。
まあこうなると、売りも買いも大きな大きな勝負に出ることもできませんから、勝手にやってくれと言いたくなるところで、ショートカバー終了後の相場は気の抜けたものになりそうです。(笑)
さて今日から国内では成長戦略実行国会と銘打った臨時国会が開催されますが、規制緩和を実行しようとすると、党内から反対意見が湧くのが自民党ですから、実際に数ある規制緩和メニューをどこまで実行できるかは五里霧中です。


しかも会期は12月6日までの53日間あり、直ぐに株価が動く材料とはなりませんから、当面は米債務上限引き上げ問題を主軸にした、為替や金利の動向を睨んでの日替わり個別株物色が続きそうです。
従って今週も超短期の日計り商い以外は動けそうもなく、長期投資家には暇な相場が続きそうですが、17日の米債務引き上げ期限も、近づく台風位の警戒はしておく必要は有ります。
台風で起きる大波で波乗りを楽しむサーファーも居ますが、溺れる可能性も高く、荒れた海には近づかないようにしましょう。
台風26号も米債務上限引き上げの失敗も、直撃されれば影響はデカイです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です