必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

御破算ご注意

昨日のNY株式市場は、米国の連邦債務上限問題の協議進展への期待が広がり、323ドル高と大幅に続伸し、本日の東京株式市場は久しぶりの急伸が期待できそうです。^^
しかしながら日本時間今日5時半から始まっていると言われる協議の結果は、現時点では全く分からず、オバマ大統領の発言とされる「身代金は払わない」という言葉も少し気になります。
したがって、共和党の提案する債務上限の短期間の引き伸ばし案が成立する保証もなく、ショートカバーが終ったあとは再び五里霧中の状態です。
もっとも現在協議中の妥協案が成立したにせよ、6週間後は再び同じ状態ですから、これでスッキリとは到底いかず、ショートカバー終了後の相場は弱含みになる可能性が強いでしょう。


しかも別途注目を集めていた、ノーベル文学賞でも村上春樹氏が受賞したと言う大誤報が流れたそうですから、最初に流された情報が正しいか否かも分からず、拙速な売買は控えるか、超の付く短期で対処する以外は無さそうです。
さてノーベル賞と言えば、世界的には一番注目されているノーベル平和賞ですが、米国のシリア攻撃を阻止したことなどを評価してか、ロシアのプーチン大統領が受賞するという噂もあるようですが、これは信じられません。(笑)
今年のノーベル平和賞は日本時間本日午後6時頃発表されると言いますが、これはイスラム過激派に銃撃されながらも、女性や子どもたちの教育を受ける権利を訴え続けるパキスタンの少女、マララ・ユスフザイさんに決まりでしょう。
さて最初に書いた債務上限問題の協議進展も、本日の相場が始まる9時前に決裂の発表があれば、全て御破算ですのでご注意ください。
悪しからず。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です