必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

東京オリンピック

昨日の株価は安倍首相の法人税減税検討指示が伝えられると大きく戻り、終戦記念日を明日に控えて靖国参拝も行われない事が確実視されていることもあり、相場は今日も堅調に推移しそうです。
さて明日は終戦記念日ですが、日本は終戦前年のサイパン陥落で米軍が空爆拠点を確保した事により、国中がB29による空爆にさらされ、焼け野原になりました。
まあ流石に戦争当時は平九郎は生まれていませんで、戦争の記憶はありませんが、それでも物心ついたころには、まだ戦争の臭いのようなものが彼方此方に残っており、庭にあった防空壕を皆で埋めたのを覚えています。
また既に小学校での給食は始まっていましたが、給食で出るのは今のような牛乳ではなく、悪名高い「脱脂粉乳」をお湯で溶いたものと、コッペパンにおかずが一品で、給食費が払えない生徒もクラスに1-2名は必ずいました。
しかも当時は日本の生産力が回復しておらず、国産品は品質も悪くて、靴下など直ぐ穴が開きましたし、子供の着ている洋服など非常に貧しかったのを覚えています。


それでも64年の東京オリンピックが有ったころから、池田内閣の所得倍増計画の効果が表れ始めたのか、社会全体が急速に豊かになり始めた記憶があります。
さて平九郎の様にオリンピックは日本人の記憶の中で好景気に結びついているだけに、もし今回東京でオリンピックが開催されることになれば、インパクトは大きそうです。
正直以前は、トルコで決まりだろうと思っていたのですが、同国の混乱を見ていると、東京に決まる可能性は高くなっており、最終的には9月6日からアルゼンチンで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まります。
もし東京でのオリンピック開催が決まれば、相場には確実に好影響です。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です