必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

人生色々

先日でベトナムで、戦争当時にジャングルに逃げ込んで、そのまま40年間ジャングルで生活してきたベトナム人親子が保護されたそうです。
日本でも横井さんや、小野田さんの様に戦争が原因でジャングル生活を長年続けてきた人はいましたが、40年は長く、出てきたときの姿はまるで原始人ですが、保護したとき、本人はジャングルを出るのを嫌がったそうです。
地元当局は二人が社会に溶け込めるように支援していくと言いますが、果たしてこの二人は将来保護を喜べるでしょうか?
ジャングルでは木の実や芋を食べ、トウモロコシの栽培などしていたと言いますから、ストレスは少なかったはずで、急な社会生活は逆にストレスで命を縮める可能性すらあるでしょう。


それでも小野田氏や、横井氏がその後社会復帰を果たしている事を考えれば、2人も大丈夫かもしれませんが、果たして社会復帰が幸福か否かは2人が自分達で決めるしかありません。
そしてこれは相場も同じで、株の波乱相場が嫌で、動きの少ない国債等に逃げ込んでも、インフレ等の形を変えたリスクはありますし、土地等の固定資産には課税強化というリスクがあります。
何が安全資産で、何が危険なのかは国によってもによって違いますし、人によっても違います。
結局運用資産を決めるのは自分で、自分が納得できる運用が一番です。
何に投資し、または何もしないかは人生そのものなのです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です