必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

史上最大の発明

先日日経に載っていた話ですが、ある経済人がシンガポール建国の父と呼ばれるリー・クワンユー元首相に合った時リー氏から次のような質問を受けたと言います。
リー氏:「シンガポール、いや、東南アジア諸国にとって20世紀最大の発明は何だと思いますか?」。
  
経済人が答を探しあぐねていると「それはね、エアコンですよ」と思いがけない言葉が続き、氏はイタズラっぽく笑みを浮かべながら
「これは真面目な話です。シンガポールは一年中この暑さですよ。もし、エアコンがなかったら、我々は働く意欲が全く湧きません。欧米や日本を追いかけるなど及びもつかず、今日の繁栄も明日の成長も期待できなかったでしょう」。と・・・続けたと言います。(笑)
40度超えが各地で観測されているここ数日ですが、実は10日ほど前、エアコンが壊れ4日前に付け替えたばかりで、この猛暑を向かえましたから結構ラッキーです。(笑)


リー氏風に言えば、エアコンが無ければメモなど書く気が起きないところで、何とかメモを書けるのもエアコンのお蔭ですし、熱を出すパソコンなど動かして、相場など見ていられません。(笑)
しかしその相場も期待していたマクロミルの決算が今期は期待通りだったものの、来季は売り上げ予想が良い割に利益予想が悪く、その上、大量の自社株買いを発表すると言う訳の分からないものでした。(笑)
ただ事実として株価は期待を裏切られたとして大きく下がり、結構痛い目に合いましたが、どうもこの決算予想は杉本氏の「やる気」が来季の費用増をもたらしている感があり、それほど落胆はしていません。
まあさほどの株数を持っている訳ではないので、しばらく見守る事にしましたが、今回思った以上に決算の悪い会社が多かったです。
来年の世界経済は暗くなると思っているだけに、信用残の重みが気になり始めました。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です