必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ロイヤルベビー

自民党が大勝した直後の相場は、既に勝利が織り込まれていたことから、平均株価の上昇は穏やかなものになり、その後の海外で円高が進んだことから、今日の東京は停滞気味の相場が予想されます。
しかしこの自民大勝で、アベノミクスの成長戦略が進展する可能性が強まっていることからくる今回の円高は良い円高で、成長の現実味のある関連銘柄には動きが出てくるでしょうし、発表の近い第一四半期決算の見通しの良い株は堅調を維持しそうです。^^
さてそんな中、明るいニュースとして世界中に配信されたのが、英国のロイヤルベビーの誕生で、しかも男子で3800gの健康体ですから、めでたいことです。(^_^)
ところが目出度いだけで終わらないのがマーケットと言うもので、今日の注目は赤ちゃん用品を扱う西松屋の株価でしょう。(笑)
ロイヤルベビーの出産で世界中の出生率が高まると言うのが理由になるものの、実際は短期筋のお遊びですが、罪のない遊びでもあります。


誕生は以前から分かっており既に株価はだいぶ上昇していますから究極の出尽くしとなるのか、出産に伴うリスクを恐れた分、誕生を確認してから買ってくる投資家が多いかの判断ですが、どうも今日だけは後者の「誕生を確認してからも買う」の方に賭けたいです。(笑)
あと昨日はGOLDが急騰していますが、此方はロイヤルベビーとは関係なく、先日のバーナンキのハト派発言が、溜まっていたヘッジファンドのショートカバー(空売りの買戻し)を誘発したものです。
お蔭でここ暫くの急落で評価損だった貴金属ETFが評価益になり、動きやすくなりましたが、1400ドル程度を目途にしたショートカバーが終れば、相場は落ち着きます。
日本の貴金属投資は消費増税の決まる秋までは、本格的なものにはならないと思っています。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です