必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

成長戦略待ち

昨日はNY市場も安く、ドル円も101円台と1円以上円高で帰って来ましたから、今日の東京は再び大きく売り物を浴びてのスタートとなります。
焦点は今日も14000円台の攻防と言ったところですが、この大荒れがヘッジファンドの中間決算に絡むものなら乱高下も明日迄で、来週からは落ち着きを取り戻します。
さて問題はこの波乱が、漏れ伝えられるアベノミクス「成長戦略」へ失望感が原因ではないかと言うことです。
もし来月打ち出す成長戦略が、力足らずで失敗すると投資家が考えれば、残るのは膨大な財政赤字による「財政破綻」となってしまい「日本売り」に直結します。
従って成長戦略は是が非でも周囲を納得させるものでなくては困りますが、残念ながら現在では「これも出来ない、あれも出来ないのか!」と悲観論ばかりが聞こえて来ます。


しかし平九郎は、成長戦略は外国人を初めとした投資家を納得させるものに仕上がっていると考えており、週末のFUJIYAMAでその理由を話しますが、今書くと週末話すことが無くなるので書きません。(笑)
成長戦略は6月5日に各部門の取りまとめを行い、14日に閣議決定される日程だと言います。
来週に入り相場が落ち着いて来れば、次は世界の目が成長戦略に集まりますが、問題は発表の仕方です。
十分なサプライズ感を演出することが出来れば、市場は再び活況を取り戻し、平九郎は儲かります。(爆)(^O^)/
失敗すれば貧乏になりそうだな!(ー_ー)!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です