必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

反アベノミクス急落?

昨日の東京市場は堅調に始まったものの、国債金利が上昇し1%に乗せたことや、場中発表された中国の景気指数が悪化していたことに円高が重なって急落し、下げ幅は1143円と記録的なものになりました。
しかし、先ほど終わったNY市場は弱含みながら落ち着いた動きであり、今日の東京は反発から始まり、その後は為替の動向を見守りながらの動きとなりそうです。
まあ先日までの上げ方が異常とも言えるものだっただけに、市場関係者も冷静で調整は一時的と見られていますが、これは平九郎も同じです。
ただ調整する期間の予測は難しく、下げ幅が大きいため整理期間が長引く可能性も否定できませんし、6月に予定されるアベノミクスの第3の矢である成長戦略が期待できるものなら、比較的短期間で高値を抜いて来る可能性もあります。
まあ昨日の急落は予想できなかったものの最近の異常な上げ方には十分警戒はしていましたから被害は最小限でしたし、この下げですこし落ち着きが出るならむしろ歓迎です。(^_^)


さて会員には既に案内が行っておりますが、FUJIYAMAで6月に予定していた講師が急用で、平九郎が代役としてアベノミクスの成長戦略を探る銘柄研究会を開くことにしました。^^
正直最近のような上げ方が続いていたら、研究する銘柄がなくなり、困ることになっていましたね。(笑)
~サロンFUJIYAMA 6月のご案内~
・開催日:2013年6月1日(土)
・時間:15時 ~17時
・開催場所:東部地域イノベーションセンター
      (旧:ぬまづ産業振興プラザ)
      静岡県沼津市大手町1-1-3沼津商連ビル5階
      電話:055-964-1581
・ゲストスピーカー:平九郎
          
・今回のテーマ:「新四季報発売前の銘柄研究会」  
(春号の四季報を持参してください。)
・参加費:1,000円(現地にてお支払い下さい)
・定員:30名
ご参加のお申込は、吉野エージェンシーの長山さんまでお願いします。
 メール:nagayama@yoshinoag.co.jp 
尚、お申込の際は、
①お名前 ②連絡先 ③懇親会への出欠(参加人数によって調整します)
上記3点を必ずご連絡下さいますようお願い申し上げます。
 
皆様のご参加をお待ち致しております。
 
㈱吉野エージェンシー
電話:0120-20-9016

5 Comments

自悠人

 今、日経平均構成銘柄の寄与率で、9983が約1割、上位10銘柄で約3分の1となっています。
 しかも9983は、安倍政権発足後とここ1カ月共に日経をアウトパフォーマンスしている状況です
 日経平均の中身を見ていると、寄与度の高い銘柄や流動性が乏しい銘柄を動かすと、日経平均が動くような感じで、何となく、日経平均の中身が1990年や2000年に似ていると感じていますが、過去に他に似たような状況があるのでしょうか。
 だからと言って下げるという訳でもないでしょうけど少し気になってます。

返信する
heikurou

自悠人さん
お久しぶりです。^^
寄与度の高い銘柄を動かしているから日経が騰がるのではなくて、先物先行で買うから、1単位あたりの投資金額が大きい銘柄が寄与度が高くなるのだと思います。
今の相場はバブル景気に沸いた、88年ごろに似て来ています。
平九郎

返信する
自悠人

すみません。寄与率⇒構成率の間違いでした。
先物先行で買われるから、現物が追いつく形で日経が騰がる。
だから、1単位あたりの投資金額が大きい銘柄が寄与度が高くなるというところまではわかるのですが、構成率の高い銘柄が特に業績改善した訳でもなく、日経平均をアウトパフォームしてきたのが引っかかっています。
銘柄ごとの構成率がかなりいびつになっているので、上位数銘柄を動かせば日経が動くし、5月の上げがこれに近い状態かなと感覚的に思っていました。
たしか88年ごろから89年にかけては、丁度、先物、オプションが上場されて、日経の一部の現物の品薄株が暴騰したとどこかで読んだ事があります。
少し解説していただけると有難いのですが。

返信する
heikurou

自悠人さん
>上位数銘柄を動かせば日経が動くし
理論的には可能ですが、やっていないと思いますよ。
品薄銘柄は買い集めたら売り抜ける事が難しすぎます。
ただ9983のような株には日計りのディーリング玉が相当入っているはずで、それが利益を抜いた分だけ相場を嵩上げしている面はあるかもしれません。
また昔、シッポ(先物)が犬(現物)を振り回すという表現が良く使われましたが、現在は当時に似ています。
平九郎

返信する
自悠人

単純な話、品薄な現物や寄与度の高い銘柄と、ロング・プットを買うもしくは先物を売って、その後、現物を売れば現物は損をするが、オプションで利が出ると思ったのですが、それほど単純ではないという事ですね。
ありがとうございました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です