必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

信用がないフェイス(ー_ー)!!

昨日は期中3度目の増額修正を発表したフェイスが拍子ぬけする位上がらずに寄り付いたので、平澤氏の信用の無さを痛感しました。
まあ自分自身8年間も裏切られ続けて来ただけに、投資家の気持ちは痛いほど分かるのですが、あまりに平澤君が可愛そうなので買い増ししてみました。(笑)
最安値の買値は12,580円ですから増額修正発表前に比べて僅か30円高で、投資家は来季業績予想に悲観的と言わざるを得ませんが、こちらは付き合いが長いだけに、今更来期予想が減額でも驚きません。(笑)
しかし、フェイスの減額修正が続いたのは着メロの減少が続いたのが原因で、既にゼロ近くまで来ているはずの着メロがそれほど影響を及ぼすとは思えませんし、期中3回も増額修正するなら、来季も増益の可能性だって結構あります。
まあ結論は今日の決算発表で分かりますが、例え、減益予想でも後悔はしません。 ←結局あまり信用していない!(笑)


買い増した理由はフェイスの最終目標である「コンテンツのネット流通の仕組み造り」が軌道に乗りはじめている事と、買収したコロムビアが増益傾向で、株価に含み益が生じ始めていることです。
また、「夢」が大きく財務内容が良い上、最低投資単位が1万円台のフェイスは来年から始まる少額貯蓄非課税制度(NISA)に最も適した銘柄と思っているからです。
スマホの普及はコンテンツのネット流通を加速することは間違いですし、NISAで投資収益が無税になる5年間を見た場合、最も早くから「コンテンツのネット流通の仕組み造り」を進めていたフェイスには有利な展開です。
元々株価100倍増を狙って買った株ですし、上は27000円、下は3000円まで買いづづけてきた因縁の株だけに来年の予想が少し位悪くても我慢します。←やっぱりあんまり信用していない。(^O^)
ただ昨日も書いたようにフェイスは毎年の決算発表は隠れるように週末の決算集中日に出していたのが、今年はわざわざ集中日を避けてきましたから、来季予想は良いのだろうと解釈しました。
また損失を抱え込むのと税金を払うことがトコトン嫌いな平澤氏の性格からして、決算で大きな隠れ損失が飛び出す心配は全くないと思っています。←ここだけは鉄板で信じています。(笑)
だいいち、年収を上回る現金を抱え、キャッシュフローも潤沢な癖に、未だに純資産割れのバリュー株なんですから。(^O^)/

4 Comments

北の国から2007

平九郎さんの予想とは反対に動くフェイスですから、弱気だと逆に暴騰するかもしれません(笑)
ガンホーの上がり方がうらやましい><

返信する
heikurou

北の国から2007さん
実は結構強気だったようで、危うく高値を信用で大量買いする所でした。
寸前で回避しましたが、まあ上がった方が後悔したでしょうから、被害が少なく済んで万歳と言うところですね。(笑)
平九郎

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です