必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

好事魔多し

昨日の海外市場で、とうとうドル/円が100円の大台突破を果たし、今日の東京は再び狂乱の相場となりそうです。^^
しかし、こうなると理屈をこねている事が難しくなり、相場の雰囲気だけで売買をするようになりますから、相場が荒くなって困ります。
こんな時思い出すべき格言は「好事魔多し」で、次の瞬間なのか、1年後なのかは分かりませんが、「魔」は何時か必ずやってきますし、しかも「好事」でない時や、「悪事」ばかり続いて弱っているいる時にもやってきたりしますから、厄介なのです。(笑)
実際ここまで急速に騰がると割安感のある銘柄を探すのが難しくなってきていますが、そんな中でも強い割安感を持っているのが総合商社株でしょう。
自分では昨年商社株で大勝負に出て、ギリシャ危機という「魔」で酷い目に合ったため苦手意識が芽生え、手が出し難いのですが、敢えてここから参戦するとなれば候補に入れないわけには行かないグループです。


あと、所謂01銘柄と言われるグループがありますが、これは東証コードの終わりが(6501=日立)のように01で終わる株全般のことで、各業界の代表的な銘柄ですから、ハズレは少なくなります。
むろん相場は短期的には相当危険がある水準で、今のタイミングで、上記に投資するのが良いかは分かりませんし、無警戒の状態で、「魔」が出れば、急落することも間違いありません。
「魔」が何時でるかは誰にも分かりませんし、「魔」が出るのは皆が「魔」の存在を忘れた頃です。
しかし困ったことに自分は記憶力が悪い為、「魔」の存在をすぐ忘れるので、出ても負けないよう、注意して行きます。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です