必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

日本航空電子

海外も順調で、今日も活況が続く東京市場ですが、流石に過熱感もあり、信用買い残も再び気になり始めるところですから、ソロソロ銘柄の業績面での選別が強まってききます。
3月決算発表も明日がピークで、来週からは次第に減っていきますから、多少は相場も落ち着いてきそうで、持続して良いのはやはり前期決算も来季決算予想も増益の株が良いことは間違いありません。
そこで決算が終わり、数字が確定しているもので、来期予想の良いものを探してみたのですが、日本航空電子が目につきました。
自動車用コネクタや、タッチパネル等電子部品が好調で既に株価は上がっては来てはいますが、来季予想が経常で29%増益なら、依然割安感はありますし、同社の部品は小型、薄型、高速を中心に展開されれおり、増産体制を構築しつつあることから、持続性もありそうです。


また名前からも分かるように同社は元々航空部品を作っている会社ですから技術力も高く、また現在も航空・宇宙は重要部門であることは変わりなく、利益率も高いですから、防衛費の増額が検討される今年はこの部門でも面白そうです。
株価は長期揉みあいを離れて来たばかりだけに、昨日は利食い売りに押されていますが、利食い売りが一巡すれば長期上昇波動入りと目論んでいます。(笑)
まあ目論みが外れることは始終ありますが、決算が終わっているだけに当面は発表された予想を前提に株価は動きますし、今期は増額修正の可能性も強いと判断しました。^^
あと注目していた、メガチップスの決算がでましたが、今期予想の最終利益が異常に大きいのは、買収した川崎マイクロ関係の特殊要因ですね。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です