必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大きいチップス

今後の防犯捜査は監視カメラが主軸となるという見方から、週末関連株を調べてみましたが、結局以前買ったことがあるメガチップスを買ってみました。
メガチップスは任天堂のゲーム格納用チップを主に作っていたことから、任天堂が長期低迷する中でつられて低迷を続けていましたが、昨年の高値期日と、優待権利取り後の売りが終わり、しかも最近の任天堂の復調を考えればそろそろ出番が来そうです。
しかも同社は今回注目したセキュリテーシステムの他、電力の見える化を促進するエコエネルギー分野や、通信ネットワーク分野のLSIが育ち始めており、今後の成長が期待できます。
また昨年JFEから買収した川崎マイクロの連結が今第2四半期からの為、今季は連結利益も半期分だけですがフル期間連結の来期は全期分が反映されますからそれだけで確実な増益要因です。
加えて、川崎マイクロは欧米での展開が多いため、この円安は大いにプラスで、しかも昨年の様に欧州が危機的になっている時に17億円の営業利益を出している会社ですから、円安がフルに享受される来季は期待が出来ます。


もう一つは今季株価が低迷した最大の原因である、2月1日の減額修正は任天堂の不調が原因でしょうが、予定の売り上げが先送りになったことも大きいようですから、これも来季の増益要因です。
結果として今期はそれなりの増益ですし、来季も増益が確実で、これで5月8日に予定される決算が発表され、来季の増益予想が出れば、増益のトレンドがハッキリしますから、パソコンによるトレンド検索にもヒットするようになります。^^
あとメガチップスは製造を海外に委託しているので、勝手に今の円安ドル高はマイナスと思い込んでいたのですが、同社IRに聞くと
「最近円安はマイナスだろうとの問い合わせが多いのですが、主たる製造委託先は円建ての取引で、円安は当社にとってメリットです。(ー_ー)!!」
と言われてしまいました。(^O^)/

2 Comments

heikurou

ひらさわくん
フェイスの平澤君に言ってあげて下さい。(笑)
待ちくたびれている
平九郎(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です