必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

大規模テロ?

昨日の欧州市場は中国の景気指標の悪化を受けて売られ、その後のNY市場もボストンマラソンのゴール付近で起きた爆発で、死傷者が数十人単位で出たとの情報で急落し、結局株は265ドル安、貴金属も昨日に続き大幅続落となりました。
ボストンマラソンでの爆発は場所を違えて2度あったことが報道されていることから、テロの可能性が強いです。
さてこうなると、今日は東京も売られることは間違いなく、同爆発後はドル/円為替も円高が進んでいることから、本格入りの調整の可能性も強まりました。
まあ指数的には過熱が続いていており何時調整入りしても不思議ではない状態だっただけに、仕方がないところですが、切っ掛けがテロでは直前に予想するのは不可能です。
しかも今回の株の下落が為替の円高を伴っているだけに、為替の調整幅如何では深押しすることも考えられるため、落ちてくるナイフを中途半端に拾いに行くのは控えた方が良さそうです。


まあここまで相場が盛り上がっていれば、直ぐに醒める事もありませんので、買うならむしろ為替に関係ない相場の若い株の押し目を狙う方が良さそうで、今で言えば鳥インフル関連などがそれに当たるでしょう。
もっとも鳥インフルが業績に与える影響は未知数ですし、実際パンデミックが迫るとなったら相場どころではありませんから、あくまで株式ゲームとして考える短期投資になり、良い子は手を出すべきではありません。(笑)
まあ為替の長期円安傾向は間違いないと思えるだけに、為替の見通しがついた時が相場の転機と思いますが、現状では五里霧中ですから無理は禁物です。
しかし下押しの程度によっては短期の勝負を張りに行こうとする、悪い子の自分が居る事も否定できないです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です