必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ユーレット

海外市場での堅調と、為替も円安が続いていることから、今日の東京も9連騰が期待される状態で、株式市場は春爛漫ですが、ただこの時期の気温は三寒四温とも言われますから、急激な冷え込みに対する警戒感も必要で、コートをクリーニングに出すにはまだ早いでしょう。
まあ株式市場も夏を目指しているのは確かだと思っていますが、やはり寒の戻り的な冷え込みもありますし、膨れ上がった信用や裁定残が、このまま何事もなく増え続けると考えるには、少し無理があります。
実際この所は円安に対して先行した輸出関連株の反応度は鈍くなってきていますし、不動産や医薬品などの出遅れ内需銘柄へのシフトも進んでいるようで、株高に浮かれながらも警戒感が出ています。
さてそんな中、企業分析にはなくてはならないツールである会社四季報の発売が迫っていますが、保有銘柄が少ない人にとっては毎期毎号を買うのは結構な出費故に憚られることもあります。
特に春号は、3月決算企業が多い現在では、決算前の最終期であり情勢も大方判明しているため、情報量が少なく買わない人も多いようですが、そんな人には実に便利なサイトを先日見つけました。


ユーレットという無料企業分析サイトですが、友人に聞くと既に2年ほど前から開いているようで、使ってみると実に便利です。
試しにフェイスの大株主という欄を出してみると、社長の平澤氏が髭だけでなく毎年保有株を増やしているのが一目瞭然で、同氏が自社の経営に自信を持っているのが分かります。(笑)
まあ自信を持っていれば必ず成功するわけではありませんが、企業の先行きに自信が無くて保有株数をを減らす大株主より遥かにマシで、期待が持てると言うものです。
しかし、ネットは実に便利で様々なものを教えてくれますが、その分四季報などを発行する企業の収益機会を奪っていると言うのも事実でしょう。
便利で手放せなくなったネットが、需要不足による不況の一因を作っているのも皮肉な話です。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です