必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

蓄えたのは?

昨日の海外市場で円/ドルが一時95円台を付けたことから、今日の東京も歓迎ムードが広がり続伸が見込まれますが、寄付きがメジャーSQだけに引け際のダレが懸念されるところです。
さて今日目についた記事と言えば、金融庁が空売り規制の緩和を行うと言うものですが、どうも実施が11月からとあるので驚いています。
まあプログラムの改定などもあるでしょうから、少々時間的余裕が必要なのは分かりますが、それにしても今時、掛けていた規制を緩和するのに半年以上も掛かるとは信じられない思いです。
現在の日本は直前の市場か価格以下でのカラ売り注文は全て禁止されているのですが、これを米国並みの前日比10%以上下落した銘柄だけに限定することが主体となりそうです。
まあ「お役所仕事」と言ってしまえばそれまでですが、安倍政権のキャッチフレーズとも言える、「次元の違う」を規制緩和でも発揮して欲しいものです。


ただ同時に発表している自己株式取得規制の緩和案は一般受けはしないものの評価すべきで、現実の自社株買いに及ぼす好影響は大きいでしょう。
またもう一つ目についたのがドコモがアニメやゲーム等の海外配信を始めると言う記事ですが、コンテンツのネット配信と言えば、直ぐ思い浮かべるのはフェイスですが、残念ながら今回ドコモの配信を手掛けるのは買収したイタリアの企業ということで、フェイスのフェの字もありません。(笑)
しかしながら時代がフェイスに追い付いてきたのは事実だと思えますし、幾ら最近の平澤氏は頼りないと言っても、ここまでに髭や脂肪だけを蓄えていた訳ではないでしょう。
同氏の発奮を期待したいと思います。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です