必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

揉みあい・・

昨日のNY市場は堅調な相場が続き、東京も堅調に始まりそうですが、先物のシステムトラブルがあったことや、週末のSQを控え高値警戒感も出ており、今日は高値圏での揉みあいになりそうです。
さてそんな中、マザースや、ジャスダック等新興市場の株は外部要因に左右されにくいことで、最近相場に参加した個人投資家の資金を呼び込んで続伸の動きが続いています。
実際長年先物に携わって来た者としては現在の裁定残の元で、解消売り懸念を抱えながら225採用銘柄を抱えるのは不安が大きいですし、ヘッジに使う先物や、オプションがシステムトラブルによる売買停止などが起きていれば、慎重にならざるを得ないでしょう。
従って、平均株価では揉みあいでも新興市場では相場が続く可能性が強いのですが、新興市場の問題点はやはり、流動性の薄さで、何かあれば指値に出ていた買い物が一斉に消えてなくなることです。
まあ期日の無い個人投資家なら別に慌てる必要もなさそうですが、現在の新興市場には機関投資家の資金も結構入っており、期日を限られた資金なら安値を承知で売ってくることもあるだけに、影響は受け難いとは言ってもそれなりの注意は必要でしょう。


ただ堅調なのは新興市場に限らず、東証一部の銘柄でも小型株は似たようなもので、栄研化学などはこの所も結構堅調ですし、FPGなどは短期間に3倍になりました。
相場は小型株に分がありそうですが、銘柄を追い回すと結局ものに出来ないもので、これと決めた株を持続する方が結果は儲かることが多いです。
目移りする相場が続く中、腰を落ち着けて行きたいものです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です