必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

お休み継続・・

昨日欧州不安の再燃から急落した東京市場は、その後好・悪材料が入り乱れたものの、結局バーナンキ議長が議会証言で金融緩和継続の見通しを示したことで安心感を取り戻し、NY市場が115ドル高となったことから、今日の東京も安心感からの買いが広がります。
しかも日本は否決される恐れも強かった、参議院での12年度補正予算案が1票差で可決されるなど、好材料が目立つだけに今日の戻しは結構強そうです。^^
しかしながら、問題のイタリアの国債金利は跳ね上がっていますし、恐怖指数とも言われるVIX指数も急上昇しており、これで安心と言うわけでは決してありません。
その上、昨日から始まった欧米関係6各国による対イラン核交渉は2日目に入りますが、イランが核開発を放棄する可能性はほぼゼロに等しいですし、昨日は昨年11月の停戦合意以来初めてとなる、ガザ地区からイスラエルへのロケット弾攻撃が再開されていますから、イラン交渉終了後は中東の緊張感は高まります。
そして重なるように米国の歳出の強制削減が3月1日から始まる可能性も強く、ここで浮かれて買い上がるわけには行きません。(笑)


まあ現状の材料だけで判断すれば十分買える相場だけに、これから出てくる材料に怯えれば利益を逃す可能性もあるのですが、上記3問題がゲームを根底からひっくり返す力を持っているだけに警戒せざるを得ないのです。
しかも市場の裁定残や、信用残は増え続けていますから、裁定売りの影響を受けやすい株は売って手元を軽くして春を迎えたいです。
余りにも寒すぎて実現していない梅園見学が終わった頃に次の相場を考えるとします。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です