必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

絶対は、絶対ない!!

週末プラチナを中心に貴金属が急落しました。
底意地の悪い友人が「イヒヒ!」と嫌らしい笑いを浮かべながら言うには
「ロシアに落ちた隕石は自動車触媒としてはプラチナより優秀なイリジウムで出来ているので、1万トンと言われる隕石が宇宙から落ちてきたのだからプラチナが下がるのは当然だ」
と言うのです。(TT)
確かにプラチナも隕石の衝突によって出来た金属と言われておりますし、その地上存在量はGOLDの40分の1程度で4000トン程度ですから、宇宙からその2倍以上に当たる1万トンのプラチナ代替物質が降ってくれば、触媒としての価値が下がり価格が暴落しても不思議ではありません。
な、なんて事だ!! _| ̄|○


しかし、待てよ! 
隕石は大気圏に突入してから爆発してバラバラになったと言われていますから、どうも金属系ではなく石質系隕石で、しかも落ちた時には大気圏で燃えて重量も減っているはずですから、宇宙にある時は1万トンでも地上に落ちてきたのは遥かに少ない1000トン程度でしょう。
また、そもそも落ちてきた隕石をすぐにも自動車触媒に使うなど無理があり過ぎます。(ー_ー)!!
結果、どうも原因は『ジョージ・ソロスや他の有名ファンドが昨年末(SPDRゴールド・シェア)の持ち分を大幅に%減らしていたことが判明』したことや、中国の旧正月での貴金属市場閑の散期を狙った短期筋の売り仕掛ようで、此方も本当のことは分かりませんが、当たらずと言えども遠からずでしょう。
まあ、結論は宇宙から隕石としてイリジウムが降ってきたからプラチナが暴落したというのは真っ赤なウソで、市場にはこのような「見てきたような嘘」が渦巻いていますから、投資家は嘘に惑わされない様に、調査・研究しておくことが非常に重要です。
しかし、どれほど精緻に調査・研究しても、突然宇宙から降ってくる隕石のように、全く予想できない事が常に起きますから、相場に絶対は、絶対ありません。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です