必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

気弱な抵抗

昨日の東京市場の大幅安が欧州の相場に影響することもなく、最終のNY市場は99ドル上げ、ドル円も133円台半ばとあっては、今日は再び強烈な戻り相場が期待されます。
さて今朝驚いたのは白川日銀総裁の任期満了前の辞任表明ですが、例え白川氏が何を言っても「政府に対する抗議」の感は否めません。
まあ白川氏にしてみれば、今回政府の脅しに屈した形での任期満了より、途中辞任することで、後世に「抵抗した総裁の痕跡」を残したいのでしょうが、それにしてもなんとも「気弱な抵抗」です。
こうなると当然次期総裁の話題が盛んになりますが、どうも最近の流れを見ていると元財務次官で、日銀副総裁も勤めた「武藤敏郎」の線が極めて濃いです。
年齢が69歳と高いことがネックになりますが、資格的には十分で安定感もありますし、本人も意欲を見せており、役人の全面協力が得られることを考えれば、他の選択肢はない気がしています。


そして、日銀総裁が決まればデフレ脱却に向けたオールジャパンのメンバーが決まることになりますが、金融緩和や財政出動は簡単に出来ても、成長を取り戻すのは極めて困難な作業だけに応援には熱も入ります。
そして投資家の応援とは「成長する企業への投資」であり、「新しい事業への投資」です。
そこで例えば、山中教授が万人に適合しやすいiPS細胞を事前に作成しストックする方向に動いていますが、どなたか一歩進んで世界中の金持ちから細胞を預かり自分専用のIPS細胞を保管する事業で「iPS細胞バンク」などを作って見てはどうでしょう?
細胞を預かる時に京都観光と先斗町でもセットしたツアーを組めば売れそうな気がしますし、収益性も良さそうです。(笑)
オールジャパンが本当の危機感を持って取り組めば、道は開かれると信じますが、同時に保険としての貴金属の保有も進みそうです。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です