必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

権利と義務

昨日の東京市場は日経平均は結構な下げとなったものの新興市場は依然強く、単なる押し目であることを示しましたが、NY市場は大統領就任式でお休みですから、今日は国内要因だけで動きそうです。
注目は日銀の金融政策会合で、これも大きな驚きがあるとも思えず、出尽くし感の警戒だけですが、一つだけ気になっているのは本日行われるイスラエルの選挙で、対イラン強硬派の右派政党が票を伸ばしそうなことです。
これが、圧勝ともなれば、イラン空爆が直ぐにも現実のものになってきますから、どうも頭の隅から離れませんで、それと言うのも現状のような裁定残が限界に近い状態では、切っ掛けさえあれば以前米国であったフラッシュ急落のようなことが起きないとも言えないからです。
まあ現物投資だけの投資家はさほど心配する必要もないでしょうが、信用買い残も膨らんできているだけに突然急落するようなことがあっても対応できる状態にしておく必要はありそうです。
さて1月も終わりに近づき、取引のSBI証券からは昨年の年間取引報告書が届き、今年もいよいよ税金の季節になりました。(ー_ー)!!


正直確定申告は分かりにくく、何年やっても慣れないのですが、毎年自分で書いた書類を税務署に持ち込み、税務署員に確認して貰ってから申告しています。
申告作業は自分でやることで初めて税の仕組みや、国の仕組みが分かってくるという側面があり、実際自分で確定申告してから、始めておカネが溜まり始めるものです。
面倒な作業ですが、資産を造ろうと考える投資家なら税務知識は不可欠ですし、毎年強制的に勉強が出来る数少ない場面だけに是非人任せにせずに自分で行いたいものです。
納税は国民の義務ですが、節税は国民の重大な権利でもあります。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です