必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

天晴れ

NY市場が反落し、円高も復活とあって、今日の東京は、利食い売りに値を消しそうです。
また注目のGOLDも円高、海外安が同じように起きており、今日は反落しそうですが、依然高値圏に留まっています。
これは先週ブラジルの中央銀行が18トンのGOLDを外貨準備として積みましたことが大きく影響しているようですが、中央銀行全体で見れば、7-9月だけでも98トンの買い入れを行っているといいます。
またイスラエルがガザを攻撃したのも来年1月の選挙に向けて、国民に弱腰姿勢を見せない為のアピールの側面が強いですから、アピールが成功し、選挙が終われば、次は核開発阻止に向けてイラン空爆が現実のものになってきます。
イランも当然承知していますから、以前メモで書いたように最終支払準備として、GOLDを溜め込もうとする動きが速まっているのでしょう。


まあ日本では依然GOLDに対して明確な動きが出ている訳ではありませんが、日銀が外貨準備としてGOLDを買い入れるなどと言い始める日も遠くは無いかもしれません。(笑)
もっとも日銀のGOLD買い入れは米国に禁止されているという話もあり、真偽のほどは不明ですし、第一10年近く調べていても、未だに日銀の保有するGOLDの現物がどこに保管されているかを、正式に示す資料を見たこともありませんし、聞いたこともありません。
これで日銀が、GOLDを買い入れるなどと言い始めたら正直恐ろしい感じがしますし、実際に日銀が買いれを始めることがあれば、自身の保有するGOLDは手元に現物で保有すべきかもしれません。(笑)
さて昨日の雨も上がり、今日の伊豆は良い天気で、富士山が綺麗です。(^O^)

2 Comments

雪風ファンド

日銀がGOLD買いをしようとすれば米国を刺激するのは間違いなさそうですね。
今読んでいる書籍によると日銀のそれは米国で保管されているという話でした。
ある意味、人質みたいなものかも・・・

返信する
heikurou

雪風ファンドさん
お久しぶりです。^^
まあ英国と米国に預けてあることになっているのは間違いないようですが、どうもそれを証明出来ないのです。
人質みたいというより、人質その物でしょうね。(笑)
戦勝国にしてみれば、敗戦国が金輪際逆らえないようにしているのは当然でしょう。
平九郎は米国製の戦闘機は米国を攻撃しようとすれば、遠隔操作でエンジンを止める事ができるだろうと疑っています。
コマツの建機には同じようなシステムが組み込まれているそうですから、米国が自国製の戦闘機に組み込んでいないと考える方が無理があります。
対して日本は、米国の管制下に東京がスッポリ入っています(横田空域)から、非常時には国会議事堂も皇居も30分で灰燼に帰します。(笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です