必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

バブルの入り口に立つ!

長かった米大統領戦も終わり、早ければ今日の午後にも結果が明らかになるとのことですが、問題はなかなか決まらないことと、最悪が選挙人獲得数が同数で終わることだと言います。
まあその場合は、下院が大統領を選び、上院が副大統領を選ぶと言うことなので、下院で優勢なロムニー氏が大統領になりそうです。
平九郎的にはオバマ再選を予想していますが、選挙は水物、当初の優勢見通しが不利に働く場合もある為、謙虚に結果を待つことにします。^^
さて、今日少しドキッとしたのは、日経の「年金マネーは金を目指す」(19p)の記事です。
実際欧米の年金基金はここ4-5年盛んに金ETFをポートフォリオに組み込んできましたから、何れ日本でも本格的に年金による金の組み入れが始まるとは思っていましたから、いよいよの感があります。
そしてこれも予想通りなのが、組み入れが株や債券などとの分散ではなく、通貨安リスクに備えたヘッジという位置づけで、ある運用責任者は
「金価格が高騰しているが資産価値は追求しない。スイスフランと並ぶ安全通貨として組込んだ。その為、価格が上がっても下がっても一定量持ち続けたい。」
と話しているとあります。


通貨価値で計ったGOLDの価格が下がるなら買わない方が良いですから、これは明らかに下がった時の言い訳ですが、日本の運用はまず言い訳から始まるのです。(笑)
そして、組み入れが進むにつれ、運用負けした時の言い訳としてGOLDを組み入れるようになるのが日本のサラリーマン運用のパターンで、それは今回も同じでしょう。
現在のところ先進的な基金でも組み入れ率は1.5%~3%と言うところのようですが、これが何れ平均で3~5%程度にはなると考えています。
またその頃には投機資金も流入しGOLDバブルが発生していると思っているのです。(^O^)
さて昨日のNYは133ドルほど上がり、今朝の東京も買いから始まりそうですが、暫くはブレの大きい相場が出る可能性が強く、相場上昇時の飛びつき買いは控えたいです。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です