必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

白川氏の後は・・・

友人からのメールで知ったのですが、フェイスを買っている会社がやはりありました。
旧村上ファンドの広報を担当していたという、三浦恵美という女性が代表を務める『株式会社 レノ』という投資会社ですが、代表者が代表者だけに村上ファンドのダミーだと見られているようで、その見方を否定する材料もありません。
買い付けの理由は分かりませんが、まあ聞けば「純投資」とでも答えるか、全く答えないかでしょう。(笑)
まあフェイスだけでなく、他にもSBIホールディングなどを買っていますから、あながち違うとも思えないのですが、株価的にマイナス材料とも思えませんし、買収が明らかになった25日には一時急騰していることから、思惑が働きやすくなっています。
しかも同社が村上ファンドと同じ性質を持つなら、フェイスの過剰とも言える現金資産の株主還元を求めるでしょうから、却って面白くなるかもしれませんね。
ただ正直これだけでは全く分からないと言うのが正直なところで、今後の推移を見守ることとします。


さて29日30日は、NY市場が大型ハリケーンの襲来に備えてお休みで、日本の日銀金融政策会合の結果を待つことになりますが、昨日の欧州市場は総じて弱かったため、今日の日本も元気はなさそうです。
しかも同会合に出席するという前原経済財政相は、趣味が「日銀」とか「金融政策」などと言われる学者肌の白川氏の反発を招くだけでしょうから、今回の緩和には逆効果でしかないでしょう。
ただ事前に調整が入っている事から、多少期待外れでも『次の緩和を催促』することになり、その後は白川氏の後の総裁を期待する相場となりそうです。
もっとも裁定残が依然多いことから期待外れが『多少』でなかったら、ショック安は十分あり得ます。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です