必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

シタタカ?

週末の東京市場は堅調に始まったものの、場中の中国株安から出た裁定解消売りに、連騰でポジションが積みあがっていた短期筋が驚いてポジション整理を急ぎ122円安と急落してしました。
ただ整理が進んだお蔭で、30日はよほどの失望が無い限り、出尽くし感が出ることなく過ごせそうで、相場が長続きしそうです。(笑)
さて週末注目していたFPGの決算ですが、前期は直前に修正していただけにほぼ予想通りですが、今期は営業12.7%経常で5.5%の増益と控えなめ予想を出してきました。
元々企業の収益予想など希望と同じであまり当てにはなりませんが、予想は経営者が厳しく見ている時は楽観的に、楽観視できる時は控えめに出るのが普通で、楽観視出来るときに楽観した予想を出すときはバブルです。(笑)
同社のような会社の最大の資産は、『顧客名簿と信用』であり、一部上場で両方とも手に入れた現在、収益の数倍増を狙っても不思議はないです。
また融資枠契約(コミットメントライン)も30億から98.5億円と3倍以上になっていることから、それが可能だけに、手堅い予想を出してきたと言うことは打ち上げ花火で終わる積りはないと言いいたいのでしょう。


これを見ると、同社の谷村社長はなかなか『シタタカ』な経営者のようです。(笑)
最年少社長で話題のリブセンスの村上太一君のような爽やかさには全く欠けますが、現実には世間を熟知した中年起業家の方が事業の成功率は高いですし、爽快さはは無くとも面白みはあります。(笑)
2004年に創業した、現在従業員63名という小粒な企業ですが、今年の注目株には違いなく、今後の推移を見守る積りです。(^O^)

2 Comments

あーのるど

こういうビジネスモデルは、あのダヴィンチなどが
思い浮かんできて躊躇するのですが・・・。

返信する
heikurou

あーのるどさん
確かに躊躇した方が良いでしょうね。(笑)
大きくなりすぎれば潰される可能性は高いでしょうし、資産などは何も無いもないと言ってよいです。
決して人に進められる株ではありませんし、勧めませんが、面白いので見守ってみます。(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です