必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ケタハゼ?

昨日のNYは場中に発表されたGoogleの決算が予想より悪かったことから、Googleが8%安と大きく売られ、連れて途中まで高かったダウ平均も8ドル安と値を消した格好です。
通常は引け後に発表されるはずの決算が場中に発表されたのは、印刷会社の手違いだったようですが、こんなこともあるだけに決算発表が終わるまでは減額修正は完全に織り込み済みとまでは言えないわけです。
中間決算の発表は来週から本格化しますが、ポツポツと発表される修正予想も減額が多いようで、しかも早めに発表するところは良識のある良い会社が多いですから、他所に紛れて発表しようとするような会社は減額修正の幅も大きそうです。(笑)
ただ予想を余程大きく裏切らない程度の減額ならば既に値幅的には相当織り込んでおり、ショック安があっても短期間だと考えています。
ところで、昨日の日経夕刊に載っていたのですが、ネット証券の口座数が急速に拡大しているそうです。


9月末時点の大手6社合計の口座数は696万人件と、年内には700万件を突破しそうで、直近1年間で50万人増と言いますから伸び率も相当なものですし、しかも退職後や退職を控えた高齢者が多いと言い、団塊世代の投資家進出を伺わせます。
今のところ投資対象は高配当が予想される不動産投信などが多いようですが、団塊世代は競争世代でもあった為、生き残った世代は勉強家でしかも自信家も多く、何れ広がりを見せるのは間違いないでしょう。
しかも彼らは退職金に加え、十分な年金も貰いますから、投資に対する耐久性は高く、知恵もあります。
どうやら今度の『投資家の湧き』は従来より少し変わったものになりそうで、高齢者に人気のある投信の投資対象が資金流入に伴ってジリジリ上昇することになりそうです。
歳を経たハゼのことを、ケタハゼとかヒネハゼと言いますが、当年魚のダボハゼに比べ釣るのは難しいです。
ただ沢山釣れたら、焼き干しにしてお雑煮の出汁にしたり、甘露煮にすると美味しいそうです。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です