必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ダボハゼ?

昨日もNYは127ドル高と良い相場でしたが、このまま簡単に上げ続けられるとも思っていません。(笑)
理由は以前から書いているように裁定残が多すぎる事と、最大の問題は今日の日経一面にもあるように、世界的にも株式離れが進み上値を買う投資の主体が見当たらない事です。
日本株最大の投資家である外国人投資家は、震災以来の立ち直りを懸念するだけでなく、中国や韓国との軋轢を懸念材料として見ていますし、実際自民党総裁になった阿部氏の発言など聞いていれば、懸念するのも仕方がないでしょう。
また踏ん切りの悪い個人投資家の、最後に残った信用期日も来週中には全て終わるものの、上値を買うほどの気力は見当たらず、提灯持ちのように外人買いを待っている状態で、まだ迫力がありません。(笑)
しかしながら、日本の企業は不動産バブル崩壊以降、バランスシートの改善に努め、今や健全でしかも世界の成長センターとも言えるASEANを至近に抱えており、欧米企業に比べ遥かに優位な立場ですし、株価の割安さは歴史的です。


従って、以前からメモで何度か書いていますが
  『ハゼと投資家は湧いて出る』
を信じるのが正解だと思っていますし、実際投資行動と言うのは人間の本能に根差すものだけに格言は正しいでしょう。
しかも足元では個人向け国債の大量償還が続いており、また個人の保有する5000万円以上の海外資産の報告義務が出来ることで、海外にも逃げにくくなってきています。
 『ハゼと投資家は湧いて出る』  ← クドイ(ー_ー)!!
ハゼが湧くのは春先ですが、投資家が湧くのも同時期ではないでしょうか。
もっとも湧いたばかりのハゼは、すぐ餌に飛びつくことから「ダボハゼ」と呼ばれ、釣り師に釣られやすいです。
投資家という釣り師になるか『ダボハゼ』になるかは、ここしばらくの行動で決まると思っています。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です