必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

4度目!(>_<)

昨日のNYダウは新規失業数申請件数が低下したことや、S&Pによるスペイン格下げの影響がなかったことから、80ドル近く上昇して始まったものの、その後上記指標が低かったのは、イリノイ州が申請を怠ったためと言う話が流れて急落し、結局18ドル安と4連続安となりました。
結局こうなると日本市場も元気が出るとも思えず、沈滞相場の可能性は高いのですが、続落しても小幅で済みそうです。
問題はこれから出てくる中間決算の数字ですが、これは下がる株価が示す様に全体としては減額修正やむなしでしょうが、恐発表された時には株価は既に織り込み済みですから、その後は反発すると思っています。
しかも政治的にみても、日銀への緩和圧力は強くなるばかりで、企業収益の減額修正は政治圧力を倍加させ、来年の日銀総裁選びにも大きな影響を及ぼし、次期総裁は緩和推進派になることは間違いないでしょう。


そんな中で懸念されるのは更なる円高ですが、貿易収支の赤字が定着しそうな現在は円高最終局面の見方は変えていませんで、またラガルドIMF専務理事の「円は幾分過大評価されている」発言や、ソフトバンクの米スプリント・ネクステル巨額買収計画などを見れば間違ってはいないと思えるのです。
あとは円安までの時間の問題ですが、切っ掛けは今後の日銀の金融緩和拡大でしょうし、来年生まれる新総裁はそれを加速させるでしょう。
従って来年の相場は明るく見ており、震災以来の日本復興の足音が聞こえる相場を想定しています。
しかも、しかも、昨日座布団の上に置いたPC用メガネをうっかり踏んでしまい、フレームが曲がったので、直そうと捻ったら「パキ!」と言う音と共にメガネが真っ二つに分離しました。 _| ̄|○
携帯のバック内水没、30kmでの信号無視切符、真夜中のムカデ攻撃に続き、4度目の不運を抱え、今度の相場は儲かるを確信しました。(^O^)/
PS.朝書き終えたメモをアップするのを忘れており、更新が遅くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です