必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

バリュー投資?

昨日は好材料出尽くし感に中国経済の減速懸念や、円高が加わり大きく反落しましたが、やはり相場は『見』から『買い』に変化したのは変わりません。
まあ、信用期日売りのピークと、権利落ちが終わる来週には堅調な相場になると思っています。
ただ当然ですが、配当の良い会社ほど権利落ち後の反動は大きく、今からならむしろ、配当利回りの低い株の方が狙い目の気がしています。
実際、自分的には配当狙いだけで投資して、上手くいった試しがなく、これは先日書いたように優待も同じで、配当や優待はあくまで結果に付随する物と割り切っています。(笑)
あと期日売りですが、以前書いたように信用を期日まで保有するのは完全に負け組で、しかも思い切りが悪いですから、高値買うより高値を付けた後の少し下がった所を買う人が多いです。


反面高値をガンガン買っていくグループは高値掴みをする可能性が高い分、損切して投げるのも早いのですが、負け組は投げるのも遅く、結局期日最終まで保有して傷口を広げます。
まあ現物なら期日の心配はないのですが、それだけに相場の方向性が変わった時には大ヤラレする可能性も高く、投げが出来ないなら、バリュー投資に徹するしかないです。
しかし、業界用語としての『バリュー投資』なら兎も角、本来価値とは人によって違うもので、それを当てはめれば、投資家は全て自分がバリューだと思っているものに投資しています。
この見方に立てば投資全てがバリュー投資ですから、結局、儲かった投資がバリュー投資と言うことですね。(笑)
来週は自分の考えるバリュー株を書いてみます。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です