必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

サプライズ

正直言って今回はまだ期待はしていなかったのですが、日銀が追加金融緩和に動き、すこし驚いています。
しかし、構図をよく見ると、欧米中央銀行の動きに追い込まれての緩和でもある為、ある意味少し気弱な白川総裁らしいとも感じます。(笑)
また他にも大きな材料として、米国住宅市況が回復の兆しを見せていますし、中国の反日デモも収まる方向で、懸念の電力不足も何とかなりそうです。
こうなると濃い霧が晴れてきた感じで、売買代金も増え、『相場は買い!』ですが、流石に今日は好材料出尽くし感から一服しそうです。
また、『相場は買い!』だと決めても最大の問題は何時、何を買うかです。
まあ流動性が確保出来、増益基調で、しかも機関投資家が最近保有比率を減らしていた銘柄を買って行くつもりですが、それほど急激に上がるとも思っていないので、じっくり決めます。


ただし中国の反日デモは収まっても、領土摩擦は残りますから、経済的な影響は排除できませんし、今後は軍事的緊張感も高まります。
また世界中が注目する米国大統領選はロムニー氏にミスが多く、大勢は大きくオバマ勝利にに傾いていますが、どちらが勝っても「財政の崖」の懸念は残りますし、欧州問題も終わった訳でもありません。
しかし、それらの悪材で売られることがあれば、やはり『日本株は買い!』の認識で、実際に買っていくつもりですし、来年の相場見通しも良いです。
長かった相場低迷時代の、終わりが来たのだと思っていますが、数字的には暫く「不景気のシッポを引きずる」懸念はありますね。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です