必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

バーゲンの用意

昨日のNYは21ドル安と小幅安で、今日の東京もさえない展開が予想されますが、9月に向けてどうも下げが加速しそうな気配です。
まあ注目のバーナンキ氏の講演があるので、それまで様子見を決め込んでいる投資家も多いのですが、これも正直FRBの大きな動きをを期待するのは無理があると思っていますし、欧州問題にしてもドラギ氏が幾ら頑張っても消えてなくなることはありえません。
従って、今後出てくる話は悪材料の方が多く、しかも東京市場では3月高値の信用期日が9月にやってきます。
信用残高自体は1兆4000億程度ですから、さほど大きいとは言えませんが、ヤマ勘ながらこのうち7~8000億円弱程度の期日が9月中に来ると思っており、日々の売買代金が1兆円割れの今では吸収するのが大変で、相場に影響を与えざるを得ないでしょう。
また裁定買いの残高も多いとは言えないまでも1兆2000億程度はあることから、バーナンキ氏の講演で、QE3が遠のいたと判断されれば、先物が売られ現物との乖離が広がり、こちらも裁定解消売りが出て来ます。


どうも良い天気が続いていますが、相場的には嵐の予感とでも言いましょうか、あまり見通しは芳しくはありません。
従って暫くは大人しくしているしかなさそうですが、当分9月中旬にかけ信用の期日売りが出るのは間違いなく、信用銘柄でなくても、現引きの為の換金売りが出るため、思わぬ安値が出る可能性があります。
もっとも買おうと考える人には絶好の狙い目で、思いがけない安値での指値が買えるのはこんな時です。
バーゲンハンティングの準備をしておく必要がありそうです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です