必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

一体課税

NY市場が弱含みで帰ってきて、今日の東京もダラケタ相場が継続することが約束された感がありますが、日経一面には、「債券、株と一体課税」とあり、債券と株の譲渡損益が合算して、計算できるようになるとあります。
まあ以前メモでも書いたことがある、総合取引所構想の一環なのでしょうが、閣議決定はされたものの、その後成立したとは聞かない総合取引所が開設されれば、当然の動きと思われ、今後は商品等を巻き込んでの動きとなりそうです。
まあ実際投資家にしてみれば、全ての投資商品の一体課税など当然と思われますし、商品を使ったETFなどの登場で別々に計算すること自体が実態がなく、今でもで別々なのが不思議な位です。
ただ、証券業界としては、残り僅かとなった証券課税の軽減税率を20%に戻す「大増税」の方がオオゴトで、これははネット証券を通じた軽減税率存続の署名運動などに署名した人も多いでしょう。
これは自分でも署名していますが、現実には軽減税率が延期されることはないだろうと考えています。


むろん今までも20%に戻すと言いながら延期してきたわけですが、今回は延長出来ないと見る理由は「消費増税が決定している」ことで、不労所得と見られがちな金融所得の軽減税率の延長は不可能だろうと思えるのです。
反面、総合取引所法案は官僚の既得権益を損なうとして、難航していると言いますが、此方は時代の流れとして、何れ成立すると思いますし、投資家を育成するためにも成立させなくてはいけないでしょう。
ダラケタ相場が続きそうですが、水面下では色々動きが出てきたようで、どうも消費増税法案の成立が、動かなかった時代を動かし始めた感があります。
ある意味今回の消費増税法案の決定は単なる増税と言う以上の意味を持ち始めたようで、時代の歯車が大きく回り始める前兆となりそうです。(^_^)
ところで、話は全く変わり、昨夜は蒸し暑く寝苦しかったのですが、こんな食欲の落ちる夏の日は、サッパリと「豆腐丼」なるものを作って食べることが多いです。^^
レシピは、炊き立てのご飯に、グチャグチャに潰した豆腐を乗せ、上にネギ、擦り生姜、鰹節を多めに乗せて、お好みの量の醤油を掛けて食すと言うものですが、見れば分かるよう冷奴をご飯に乗せて食べるのと変わりません。(笑)
違いは豆腐をグチャグチャにする所だけですが、なぜか豆腐は冷奴で食べるより潰した方が美味いです。^^
豆腐が木綿の場合は柔らかめの方が合いますが、お暇な人は一度「冷奴とご飯」と、「グチャグチャ豆腐丼・ネギ・生姜・鰹節乗せ」と食べ比べてみてください。(^O^)/
PS.ちなみにご飯は軽くもり、薬味は後から乗せて、食べる直前に自分で混ぜないと大変見た目が悪くなります。
また一度に大量に作るのは止めて、自分で一度試食してからにしたほうが良いです。

2 Comments

まるまるまるた

からし醤油で食べる豆腐もおいしいですよ。
(投資ネタでなくてすみません)

返信する
heikurou

まるまるたさん
食い物ネタも大歓迎です。(笑)
しかし、からし醤油は初めてですが、今度試してみます。(^O^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です