必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

増税決定

オリンピック観戦で寝不足の人も増えるなか、残念ながら注目の女子サッカーは銀メダルでしたが、まあ怒る人はいないでしょうし、金連発の女子レスリングに至ってはプレーヤーの増加は必至の状態です。^^
さてそんな中でも相場は今日も始まりますが、どうもこれ以上の上値を追えるとは思えません。
従ってSQに絡むショートカバーが終わった後は、買い手不在となると思え、来週は夏場のダラケタ相場を想定しています。
ところで、いよいよ消費税法案が今日にも成立の運びとなりましたが、消費税増税が決まれば、日本のGOLD投資が加速する可能性を再度考えています。
実際日本では戦後人口増に伴う住宅需要増に対応して最重要資産は不動産でしたが、人口が減少し始めた今、不動産は余りはじめ、地方の便の悪い場所の地価の下落は目を覆うばかりです。


しかも価格が下落する中で、固定資産税と言う形で、保有に費用が掛かりますから、既に不動産の有利性は無くなったと言ってよいでしょう。
また商業施設の撤退も増え始めており、実際FUJIYAMAを開く沼津でも古くからあった西武デパートが閉店すると聞きましたし、お隣の三島のイトーヨーカ堂も撤退する可能性が高いそうで、周辺地価へ与える影響が懸念されています。
預金金利は雀の涙ですし、株は最安全資産株と考えられていた東京電力が一瞬にして崩壊してしまった現実を突きつけられています。
そんななかで、保有に税金がかからず、増税後に売れば、増税分儲かるとなれば、資金に余裕のある人は少しは買って置こうと考えるのは自然です。
まあここまではGOLDブーム到来はただの憶測でしかありませんでしたが、増税法案成立後の日本人の投資行動には注意を払いたいと思っています。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です