必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

昼越しの株?

昨日もNY市場は51ドル高と堅調で、シカゴ日経も高いことから今日の東京も堅調に始まりますが、どうも政治の動きがメチャメチャで、先行きがサッパリ分かりません。(ー_ー)!!
まあ政治で相場が動くことは稀なので、気にする人は少ないのですが、今回は消費税法案が掛かっているだけに昨日は債券先物が売られました。
実際政治が不透明感を増した昨日は、今年度一番の金利上昇(価格下落)を見せており、政治混迷の結果としての国債格下げと、悪い円安、金利上昇による財政の悪化スピード上昇を予感させています。
問題は消費税法案が成立するか否かですが、自民党は今日の昼までに解散を確約した総理の返事が無い限り、内閣不信任案と問責決議案を提出すといいますから、提出すれば三党合意は実質破棄ですから、自動的に消費税法案も先が見えなくなり、混乱に拍車をかけます。


こうなると株式相場も影響を受けざるを得ないと思われるだけに、今日は宵越しの株を持たない人も、昼越しの株を持たないに変える必要がありそうです。(笑)
さてそんな中、米国の干ばつの影響でトウモロコシや大豆等の穀物が高騰していますが、今度はインドの干ばつが伝えられ始めました。
降雨量が少なく、農作物の被害も出始めているようです。
まあ在庫は比較的豊富だと言いますから、これも本当に警戒するのは在庫を消費しつくした来年でしょうが、人口超大国インドでの穀物不作は各国中央銀行のトップにしてみれば、金融政策決定において気にしないわけには行かない話です。
しかしまあ政治の先が全く読めないだけに、今日も超が付く短期売買だけが細かく動きそうです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です