必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

悪夢??

昨日のNY市場はバーナンキFRB議長の議会証言を巡り、乱高下を繰り返したものの結局は78ドル高で終わりましたが、どうも米国の減速感が日増しに濃くなるだけに、相場は依然梅雨模様です。
さてそんな中最近では珍しくなってきた、チョット怪しい株、否、ものすごく怪しい株を見つけました。(笑)
銘柄は商品先物取引のエース交易ですが、この会社今期はかろうじて黒字を維持したものの、前期まで3期連続赤字で、事業継続に疑義が生じている状態だったのが、最近急に株価が上昇してきました。
理由は四季報によれば、
「金融取引システムに強いと言われる米タイガー社とへ、発行株式の18%に相当の新株予約権5月割り当て。ネット事業や、金融商品共同開発・販売等で業務提携も推進。」
といったもので、旧態依然とした、商品先物会社が近代的なネット取引会社に変貌する期待を抱かせるものです。
しかし、このタイガー社とやら、名前からして怪しいのですが、新たにエースの代表権を持つ会長として、就任したジョン・フーと言う男もものすごく怪しいです。(笑)


なにが怪しいと言うと、発行株式の18%相当と言っても、新株引受権ですから、実際に払う金額は極めて僅かで、1000万程度です
しかも現在の価格は行使価格を上回っていますから、何処かから株を借りてきて、売却して現金を得た後、引受権を行使すれば、現金を用意することなく、18%の株券が手に入ることになりますし、どうも現実に既に売り始めている感があるのです。
むろん貸し株を調達するのが一番の問題ですが、自分が代表権を持つ会長に就任すれば、可能でしょう。
どうも資金調達の方法が極めて怪しいだけに、最終結論も悲惨なものになる可能性が強いと思いますが、現状では面白い現代劇かもしれません。(笑)
ネット事業などはシステムが命ですから、システムに強い会社と組み、ネット事業に乗り出すのはある意味、夢があります。
もっとも悪夢にならない事を祈るのみですが・・・(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です