必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

風に乗る

今日朝起きて日経新聞を見ると、一面トップに「音楽配信コピー制限撤廃」とあります。
内容はビクターエンターテイメント等が年内にもインターネットで配信した楽曲のコピー制限を廃止するとあり、これはまさしくフェイスが長年望んでいた状態で、現実の世の中が夢を追うフェイスに追いついた証とも言えるかもしれません。
以前から問題になっていたのはコピー制限が撤廃されれば、違法コピーが横行し、著作権の侵害被害が止められないと言うものでしたが、そこはダウンロード時に権利者のIDを埋め込み、ネットの履歴などから誰が違法にアップロードしたかを確かめられるようにして、抑止するといいます。
まあ対策を打てば打ったで、またその対策を破るものも表れるのが常ではありますが、ネット配信によるコスト削減効果から音楽配信の価格が大きく下がることで、違法配信を抑止する効果を狙っているのかもしれません。
実際1曲100円程度なら、『違法なコピーをするより買ったほうが得』との判断が世間で定着すれば、ネット配信は爆発的に伸びそうです。


さて問題はこれによるフェイスの株価への影響ですが、正直よくわかりません。(笑)
まあ今日は買いから始まることは確かでしょうが、業績への影響は当面見込めないだけに上昇がどこまで続くかが読めないのです。
しかし、これは間違いなくフェイスにとっては追い風で、以前平澤氏は、湖面に帆船を浮かべて『風』を待つ作戦と評したことがありましたが、今回の事態はまさしく『風が吹き始めた』と言えるでしょう。
徐々に吹き始めた時代の「風」に乗って一気に成長してくれることを祈ります。(^O^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です