必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

思わぬ伏兵??

昨日の東京市場は空売りの買戻しが一巡すると急速に値を消し、結局マイナス圏での引けとなり、戻り相場の力の無さを見せつける羽目になりました。
また昨日米国の景気先行指数が弱かったことから、米国株も弱含みで、今日の東京は気迷い商場で推移しそうです。
まあ週末発表される米国雇用統計までは往来相場を予想しています。
さて国内では注目の小沢氏の離党騒ぎですが、やはり辞任届を出した後で、内2名が「離党届を出すつもりは無かった」など腰砕け感が満載で、表面上の元気とは裏腹に小沢氏の終焉を感じさせています。
まあ別に嫌いな政治家では無かったのですが、最近の小沢氏は政治権力を握る事だけが目的と化しているようで、正直応援する気になれません。


また最近小沢氏は「選挙民を馬鹿だと思っている」と感じてしかたないのです。
まあ事、消費増税に関しては反対する「小沢氏の方が筋は通っている」とも思いますが、それでも上記のように感じるのは、最近の氏の主張が全て「数=パワー」が欲しいだけと見え、当選さえすれば「後は俺が愚民を導いてやる」と言いたげで、どうも「なんかな~~!(ー_ー)!!」なのです。(笑)
まあ新党が出来るにしても、選挙後に勢力を伸ばせるとは思えませんので、やはり小沢氏の政治に対する影響力は次第に小さくなると思っています。
あと、昨日から始まった関西の節電ですが、大飯がフル稼働するまでは15%で相当キツイ節電ですが、当面は気温がさほど上がらない事から需給的には余裕があり、その余裕が一段と議論を呼びそうです。
しかし需給バランスはあくまで発電所のトラブルが無いことが前提とした数字で、今は余っているといっても予定を変えることはないでしょうから、暫くは喧々諤々とやりながらも我慢が必要ですね。
この夏の発電所トラブルにはまるで冗談のような、クラゲの大発生という伏兵も現れています。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です