必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

王道

先日住友商事の株主総会に行った後の26日、朝天気が良かったので、開催日が総会の集中日はでない、三菱商事の株主総会にも行ってきました。(^_^)
急に決めた上にとんぼ返りで、東京の友人にも会えませんでしたし、行く前はまた住友商事と同じように株主を馬鹿にしたような株主総会だろう思っていたのですが、行ってみると、まるで違いました。
まず驚いたのは総会会場に「議決権行使書を忘れた方は申し出て下さい!」とあるのです。
これは確認はしませんでしたが、申し出れば本人確認の上、議決権を行使できるようになっているようで、その他にも株主に対する配慮が、住友商事と違い数多くに見られました。
これが先日行った住友商事なら、「社長は総会にだけ出れない程度の体調不良」等と言い放つ会長に「議決権行使書を忘れるような株主は権利行使の資格がない!」と言われたでしょうし、三菱商事のような株主に対する様々な配慮は殆どありませんでした。(笑)
そして総会が始まり、質疑応答が始まっても一般株主は知識を持った的を射た質問をしますし、答える経営陣も真剣に答え、適当に胡麻化そうという感じは感じ全くはありませんでしたので、住友商事の岡元会長の株主を馬鹿にした態度とはとは大違いだと感じました。(笑)


まあ出席すれば分かることですが、実は会場が芝増上寺だったとこがあり、その後数十年ぶりで東京タワーに昇ってみたのですが、そこで、お年寄りの三菱商事株主に話しかけられましたが、その方も三菱商事と、ソフトバンクの株主総会には満足していると言われたので、会場全体の満足度も高かったのが分かります。
これは何故株主が分かったかと言うと、住友商事では無いお土産が三菱商事はあったので、そのお土産を持って歩いていた人間は三菱商事の株主と言う看板をもって歩いているのと同じだったのです。(笑)
お土産は期待もしていませんでしたが、東北の震災被災地の間伐材と人間的な手間を使った自然木のコースターや、マグネットを埋め込んだメモ止め等ですが、これは貰った方はかなり配慮に唸ります。(笑)
長くなりましたが、結論を言えば、住友商事の株主総会は株主を馬鹿にしていると感じたのに反して、三菱商事は株主を大事にしていると感じました。
そしてこれは出席した株主全員が同じように感じているようでしたし、三菱商事の株主総会は、今まで出席した総会では株主も会社も最もレベルが高い総会でした。
こらはやはり、集中日を避けて株主総会を開催する会社は、事業運営に自信と信念があることを表していますし、反対に総会集中日に開催する株主との対話を避けたがるような企業は、社長の自信の無さを表しているのです。
実は本日がフェイスの株主総会開催日ですが、今回出席は上記理由で見送ります。
ただ次回から平澤氏が株主総会を集中日以外に開催しようとするなら、是非出席したいのですが、その場合でも住友商事の悪いところを真似しないように心から祈っています。(^O^)/

2 Comments

けんけん

おはようございます。そうですかフェイスにはいらっしゃらないのですね。
私は出張にかこつけて行ってきます。実はフェイスのは初めて出席なので楽しみです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です