必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

怖い・怖い!!

6月としては8年ぶりに上陸した台風4号は列島を縦断して過ぎて行きましたが、実は前回6月に上陸した年は台風の当たり年で、その年10個の台風が上陸したといいます。
そのせいか、今回4号が通り過ぎた後には直ぐ5号が上陸する可能性があるそうで、今年は梅雨も穏やかなものではないようです。
さて外は台風一過の日差しが照り付けており、NY市場も95ドル高と、相場も梅雨の晴れ間が見れそうなのですが、お天気同様長続きするとは思えません。
まあ相場も当分は「梅雨・時々台風」を覚悟しているだけに、戸締りもしてありますが、それでも晴れ間が見えればお出かけしたくなります。(笑)
ただし、梅雨ですから雨は当然ですが、台風の準備も済ましてからお出かけしましょう。(笑)


さて国内はいよいよ消費税の増税が大詰めとなり、前原政調会長が会議でグレーのストライプの「勝負服」を着始めました。
これはなぜ勝負服かと言うと、会議が紛糾し反対派議員と揉みあって破れても困らないように、量販店の「3着セット」価格で購入したスーツを着ていると言われていますから、これはマサシク勝負服で、暴走族風に言えば「特攻服」です。(笑)
政調会長が特攻服を着ているとすれば、やはり強行採決は間違いないと見られますし、自民党案の丸呑みで、実質的な大連立状態ですから、消費増税法案は決まりと思って良いでしょう。
第一、反対派の議員も小沢氏の致命的スキャンダルの最中に、民主党を割って出るとは思えません。
もっとも小沢氏のスキャンダルはテレビは依然無視していますし、実際「裏を取る」意味での筆跡鑑定の結果が出るまでは報道できないのかもしれませんが、別居という事実がある以上夫人の手紙が本物の可能性は高いです。
手紙が本物だとすれば、検察をも退けた剛腕政治家「小沢一郎」は夫人によってその政治生命を絶たれ、国内政治は大連立状態での安定化に向かいそうです。
教訓 ――― 女性を怒らせると後が怖いのです。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です