必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

休み中に信用不安が広がっていたスペインの銀行が、ユーロ圏からの支援を受けることが事実上決定し、NY高もあって、今日は反発から始まりそうです。ただ、やはり天気予報で梅雨入り宣言が出た後だけに晴れ間も限定的で、今週も今日の反発一巡後は鬱陶しい梅雨空が広がりそうで、相場も天気同様、梅雨入りを実感することになるでしょう。
しかしながら、見方を変えれば梅雨は恵みの雨でもあるように、相場の反転の為には必要な日柄調整の一環ですし、また梅雨で元気になるカエルや、蛍のような生物もいます。
相場も同じように全体相場が梅雨入りすると、元気になるカエルや蛍のような銘柄もあり、既に一部は動き出しているようです。
それは、国際景気による影響が少なく、しかも比較的余裕のある短期主体の個人投資家が好みそうな小型銘柄ですから、全体相場への影響は限定的ですが、それなりの面白さもあります。
また高利回りが期待できる優待銘柄もこの時期が一番安そうで、少し長い目で見れば、結構な利回りも期待できそうです。
特に今週は15日金曜日が四季報の最も購買者が多いと言われる夏号の発売があるだけに、東洋経済社の関連他紙情報を利用した早耳筋が動き始めているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です