必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

双頭の神

NYダウの274ドル安を受け、今日の東京は売られて始まることが約束されている状態ですが、相場的にはいよいよ新たな幕が開いた感があります。
さて週末の底抜け感が、今秋にも底打ち感に変わってくれればよいのですが、これも何とも言い難いものがあり、正直まだ五里霧中ですが、やはり「機械仕掛けの神」が出てくるのはタイミングが早すぎますから、自律反発を「神の出現」と見誤って出ていけばひどい目に合いそうです。
結局今週も「見」を続ける積りですが、まあ急落後の自律反発はありますから、超短期の自律反発狙いがせめてもの抵抗でしょう。(ー_ー)!!
ただ値幅的には相当良いところまで来ているのも事実で、今日急落すればあとは売り込むにも業績の下方修正など理由が必要になってきますが、第1四半期の数字が出てくる7月までもまだ相当間があります。


従って今日の売り込み後、当分は海外相場や、為替相場等に自律反発を交え一喜一憂しながらも「じり安」といった予想ですが、あまりに面白くないので、新たな幕開きにしては眠くなりそうです。(笑)
下値で出来高の大幅な増加でもあれば別ですが、そうでない場合は今週も力を抜いて、気力・資力の消耗を抑えるのが正解でしょうね。(笑)
まあ焦点としては6日のECB理事会後のマリオドラギ総裁の会見と、翌7日のバーナンキFRB議長の会見ですが、今回はギリシャ選挙前という、タイミング的に大きな期待をするのは無理があると思っています。(^_^)
PS.今日の日経での池上彰の教養講座はお金の話ですが、流石に池上さん、分かりやすく本質を追及してて面白いです。
時代は池上氏が解説するように「共同幻想」によって成り立っているお金が揺らぎ、変化し始めているのです。(>_<)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です