必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

増額修正は・・

大飯原発の再稼働が危ぶまれている中、以前から注目していたデンヨーが昨日増額修正を発表しました。
オーナー会長の控えめな性格から、利益予想が控えめで、今回のような販売条件の良いときには決算は何時も上振れすることから、ある意味予想通りなのですが、問題は連休明けとなる決算発表と同時に出る、13年の予想です。
しかしながらこの決算予想も同じように控えめであることはまず間違いなく、恐らく今期決算より1割くらい減益で予想を出してくると思っていますので、株価がどこまで買われるかは微妙なとこなのですが、今期も実は終わってみれば、増益になると思っています。
理由は今期よりコスト低下に役立つベトナム工場が稼働していることや、災害用電源の充実による需要増と、円安を総合したものですが、控えめな会長の性格が一番の理由でしょう。(笑)
まあ以前書いた同社の利益予想はかなり当たっていると思うのですが、相場の動きは、「そうそう当たるものではない!」ですね。(笑)
実際日本の発電に占める自然エネルギーの比率は9%と言われていますが、そのうち8%は水力発電ですから、太陽光や風力・地熱などを総合しても僅か1%程度ですし、地熱以外は天候に左右される不安定な電源であることも間違いありません。


そんななか、天候に左右される不安定な電源を急速に増やしていけば、当然ですが、全体の電源そのものも不安定になります。
従って災害向けの電源も大事ですが、不安定な電源から電子機器等を守るためには、高精度の非常用発電機や、バッテリーが不可欠になると思っているのですが、まあそれが誰の目にも明らかになるのはまだ相当な時間がかかりそうです。
大型連休を前に、今日明日の相場は海外の動きを反映して短期筋だけの遊び場になりそうですが、連休明けと同時に相場が大きく動く可能性があるだけに消費増税への影響の強い、今日の小沢判決と、明日の金融政策決定会合の結果が注目されます。
まあ今日の小沢判決の結果は平九郎の予想なら「無罪」ですね。(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です