必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

衰退国家

週末のNY市場の反落を受け、今日の東京市場は売り物からスタートとなりますが、大きく売られることは考えにくく、短期筋の投げが終われば、あとは材料待ちのもち合い局面となりそうです。
さて週末の注目だった北朝鮮のロケット発射は見事な失敗に終わりましたが、これはまあ日本でもH2ロケットの打ち上げに何度も失敗したことを考えれば、特に不思議もなく、驚くこともありません。
ただ問題なのは北朝鮮より日本の方で、大げさに迎撃ミサイルまで準備した挙句、発射したかどうかも良くわからないままで、鳴り物入りで宣伝した全国瞬時警報システム(J-ALRET)も作動できませんでした。
まあ発射直ぐの分解で、必要性がなかったと言ってはいましたが、以下にせよシステム運用サイドの能力不足が否めません。
今回の北朝鮮のロケット発射失敗で、恥をかいたのは北朝鮮よりむしろ、原発管理の失敗に続き、軍事危機管理にも失敗した日本だったと見るべきでしょう。
そしてもう一つの注目である原発の再稼働問題も未だに五里霧中で、枝野産経相はついに5月の全原発停止に言及する有様です。


実際政府は原発を動かす方向に見えても、政府の一部でもある枝野氏に限って言えば、動かしたくないと見える言動が多く、実際本当に動かしたいなら5月に原発全停止なども今の時期に発言すべきではないでしょう。
原発周辺の町長や、市町などは、原発の利益集団と言ってよいですから、動かしたいのは明らかで、反対する選挙民の多い県知事でも、落選したら政府側が次の国政参加援助を強く約束すれば説得可能ですし、実際知事の本音は動かしたいでしょう。
それでも動くかどうか分からないのは、近隣の京都や大阪の意見をどのように反映させるか見えない事と、枝野氏の言動のせいですが、個人的にはこれはやはり動かした方が良いと思っています。
理由は8人が死亡した祇園の自動車事故のように人が生活する上で一定の危険は付き物で、危険があるからと言って人が皆が外出をしないわけには行きませんし、原発の危険だけを拡大視することは間違っていると思えるからです。
実際ろくな準備もなく、原発が全て止まれば、日本が必要な化石燃料を得るのに苦労するのは目に見えており、しかも足元を見られて恐ろしく高値を買わざるを得なくなるでしょうし、その直接・間接的に与える影響は、国勢や、企業にとっても甚大で、結局全ての国民はその上に乗っています。
今は全てが「東電が悪い」で済んでいても、国が管理すればお金が湧いて出る訳ではありませんし、結局そのツケは全て税金として回ってきます。
日本が衰退する国家にならないための、現実的な選択としては、やはり安全性の高いと判断できる原発は動かした方が良いと思っています。(>_<)

2 Comments

七つの海

 どうもこんばんは。
 科学にリスクは付きものです。
 「はやぶさ」が小惑星イトカワからのサンプルリターンに成功した際には、マスコミも含めて多くの日本人が喜びました。
 しかし、地球外から何かを持ってくることには想定外のリスクも付いています。
 例えば、人類に致命的な影響を及ぼす、現代の科学では解明しようのない何かを持ち込んでしまう可能性だってあったはずです。
 人類にとって宇宙が謎に包まれている以上、地球外からのサンプルリターンには最悪の場合にはどんなことが起こるか全く予想もつかないのが事実であり、放射性物質については少しはどんな影響があるのか分かっているのだから、原発の方がまだリスク管理がしやすいです。
 日本の国力の衰退の原因の何割かは、こういう現実から目をそらし筋に会わない主張を巧妙に感情的に煽るマスコミにあると私は常々思っています。

返信する
heikurou

7つの海さん
お久しぶりです。^^
正直原発問題は難しく、感情的な書き込みも予想していたのですが、冷静なコメントを頂き嬉しく思っています。
原発問題は原子炉等のハードの部分より、それを動かす原発行政というソフトの問題だと思っています。
今回は、その部分の検証をしっかりして、新たに出来るという「原子力規制庁」を合理的行政能力を持った組織にする事に力を注ぐべきでしょう。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です