必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

グローバル・ソリューション・ビジネス・クリエーター?(^O^)

北朝鮮のロケット発射が失敗に終わったようです。
まあまだ詳細は分からないのですが、実際に失敗が明らかになれば、ホッとするより落胆した人の方が多いような気がしています。(笑)
理由は発射が成功すればそれにより、日本の防衛体制整備に与える影響が大きくなり、儲かる企業も増えるからですが、日本に防衛費増額を求めたがっている米国の思惑にも狂いがでるからです。
さて、昨日は海外も大幅高で、今日は東京市場も堅調なスタートを切っていますが、チョとした勘違いがあり、メモを書くのが大幅に遅れました。
その為アップ時間が昼近くになりそうですが、お蔭で、本日の午前中の相場は予想する必要もありません。(笑)


ところで昨日メモに書いた、三菱商事が輸入しようとしているシェールガスのNY市場での先物価格がとうとう2ドル(100万BTU=英国熱量単位)の大台を割り込んだそうです。
原発の稼働が怪しい日本ではLNGの輸入が急がれていますが、日本が中東や、インドネシアなどから輸入する今年の夏のLNG価格は18ドル近いと言いますから、その差はとうとう9倍となるわけで、これは全て電力の最終消費者に跳ね返ってきます。
むろん北米でガスを生産している企業や国家が高く売りたいのは当然で、安く買いたい日本との利害は全く一致している訳ですから、企業化に障害は少ないでしょう。(売却側の価格が2倍でも、日本では現在買値の4分の1程度)
即ち今の総合商社の事業と言うのはこれらをマッチングさせることで、事業を生み出そうとしてるわけで、前回紹介した商社を一言で表す言葉とした
「総合事業運営・事業投資会社」の他には
「グローバル・ビジネス・クリエイター」や、
「ソリューション・プロバイダー」などの言葉が当てられ始めています。
商社は今やその時々の貿易で利益を上げるだけでなく、新たなグローバル・ソリューション・ビジネスを作り出し、それらを積み重なることで、利益の拡大をはかっています。
それは天然資源に乏しく、人材が最大の資源である日本にとって、最も適した事業ではないかと最近思い始めています。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です