必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

気長に・・

本日は日銀の追加緩和期待を裏切られ、おまけにNY市場は213ドル安、欧州危機の再燃、急激な円高、商品市況安、弱電各社の赤字幅拡大、北朝鮮のミサイル発射懸念と、全ての悪材料が集結したような日となり、昨日空売りしておけばと思っても後の祭りとなりました。(笑)
しかしお蔭で長く、過熱感を示していた騰落指数は順調に下がり、チャート的には今日にも底を打ちそうなところまで下げてきましたが、本格的な上昇を見るには今期の決算と来季の予想が必要だけに暫くは低迷を余儀なくされそうです。
さてこうなると、今日の市場の関心は赤字幅拡大で、5200億円の最終赤字を発表したソニーになりそうで、この過去最大の赤字がゴーン改革時の日産の大赤字のような復活の狼煙となるかどうかですが、問題はソニーの赤字が業績回復見通しが立たない事を原因とする赤字幅拡大なことで、未だにテレビやゲームなどに回復への道が見えていないことです。
まあ画期的な新製品の用意でもあれば別ですが、どうもそんな用意もなさそうですし、売られた後の短期的な戻り以上を期待するのはまだ無理があります。
したがって、今日で大底確認とも言い切れないわけで、暫くは短期筋の攻防となり、目まぐるしい動きながら結局は下値での揉みあいとなりそうですから、あまり面白くはなさそうです。


また発射準備が整ったと言われる北朝鮮のミサイルも、世界中のマスコミの見守る中での発射ですから、特に不安感が広がるとも思えず、しかも株価が急落したあとであることを考えれば、影響は極めて限定的でしょう。
結局暫くは個人投資家中心の個別物色にならざるを得ず、しかも決算の良い銘柄を選別物色する程度で、他に大きな流れが出てくるとも思えません。
値幅的には今日で下値に届いたとは思いますが、反転上昇を狙うには、決算発表が本格化するまで、少し気を長く持つ必要がありそうです。(^_^)
PS.すみません!朝書いたメモをアップするのを忘れていました。
決して樹海へ行こうとしていたわけではありません。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です