必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

迷ったら半分

昨日の東京市場は予想通りの調整となり、今日も引き続き調整を願っていたのですが、残念ながらNY市場が123ドル高となり円安も継続していますから、2日連続調整という平九郎の願いは叶えられそうもありません。(^^;
さてココまで来ると流石にキャッシュポジションが高いファンドの運用担当者は焦り始めますが、騰落レシオは依然相場の過熱を示しており、一旦相場に乗りそこなった運用者は参加のタイミングに悩みます。
無論長期的展望に経てば、別に今からで十分間に合うのですが、それでも自分が買った瞬間に調整に入られるのは嫌なもので、その後の運用にも心理的支障を来たします。
そんな時どうするかですが、これはやはり、「迷ったら半分」を実践するのが一番で、無論、迷いが多ければ、「迷い多いので4分の1」でも構わないのですが、とにかく相場に参加するべきでしょう。(笑)


ところで、平九郎にしても2日連続の調整を予想し、押し目水準に買いを入れていたとしても、今日の海外相場では希望値段までは下がりそうもありません。
そこで、やはり「迷ったら半分」を実行し予定していた金額の1部分を直に買いつけ、あとは相場を見ながら順次買ってく行く事にします。
無論来週から調整に入る可能性だってありますが、ここはまず「参加することに意義がある」で、今日は既に何度も売り解している総合商社株を再度買いに行きます。
なんと言っても今回の相場は「世界的過剰流動性が生み出す相場」で、スケールが大きいと思えるのです。(^O^)/

3 Comments

石川

 平九郎さんの総合商社参戦はとても嬉しいです。
 去年の7月に買い捲った総合商社を、あきらめ悪くホールドしつづけているので、やっと遅い春が来てくれたかと、感無量です(苦笑)
 
 総合商社はどれでも良いと考えていたのですが、現在は持ち株の一番少ない三菱商事の積み増しを再開したところです。
 現物でしか買ったことが無いので、信用取り組みはほとんど気にしていないのですが、総合商社を買い増す場合に信用取り組み状況を考慮する必要があるのかどうか、ご教授いただければありがたいです。よろしくお願いいたします<o>

返信する
heikurou

石川さん
お久しぶりです。
信用取り組は常に考慮する必要があると思いますが、現状の状況が悪いとは思えませんね。
平九郎(^_^)

返信する
石川

ご返事ありがとうございます。総合商社については去年の7月高値からの乖離がまだ大きな三菱商事が買われており2100円から買い下がった私にとってはラッキーな状況で、喜んでいます。
 トヨタ系の直系のデンソー、アイシン精機、豊田自動織機もコツコツ買い増していますが、信用倍率が0.12倍で逆日歩がついているのに信用売りが更に増えている豊田自動織機を恐々と少し多めに買おうかと考えているところです(苦笑)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です