必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

買いの一手

最近驚いたことに証券業界最大手の野村証券の破たん論があります。
どうもネットで流れているようなのですが、出元はある意味有名な副島氏のようで、同氏は野村証券が直ぐにも破綻するなどと書いていると言うのですが、本当に同氏が書いているかもわかりません。
ただ言えることは、こんなことが話題となるほど、証券市場関係が悪化しているということで、昨日メモに書いたように企業の上場廃止といういわば葬式ビジネスに手を染める状態にもなってきているということです。
ただしネットで流れるようにすぐにも破綻するなどとは全く思っていませんで、もし野村が破綻するなら他の証券会社が、破たんした後でしょうし、そのくらいの信頼感は同社にはまだ十分にあります。
なぜなら証券会社というのは昔から好不況の波を繰り返し、最大の費用である『人件費の変動費化を重視』しているからで、不況になればすぐ人件費を削りに掛かりますから、簡単には破たんはしないのです。


もっとも山一や三洋の例もあり、遠い将来に向けて展望が描けているとも思えませんから、株も売られ続けている訳ですが、業界最大手の破たんが論ぜられるほど市況が悪化した現在は当然ながら証券投資には最適な時です。
昨日メモに書いたようにMBOという企業経営者による買収が流行ると言うことは、企業をもっともよく知る経営者自身が自社の株価を安すぎると感じている証でもあります。
また雇用環境は年々悪化を辿るばかりですが、同時にそれは経営者にとっては最大の費用である人件費が安くなる理想的な環境でもあるのです。
新興市場に限らず、安すぎる日本株は買わない手はないと思っています。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です