必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

ビンゴ!!

今朝起きてPCを立ち上げ、ふと目に留まったのがYahooの為替欄のドル相場で、そこには77.77とあり、スロットルならまさしくビンゴ!!です。(笑)
その後日経を広げれば、一面トップには電力燃料費の増加が来年には2兆円に迫りそうとあり、それはドルで支払われますから、経常収支の悪化を通じて円安要因で、またその横には日経編集員のコラム「ユーロ遠い安定」があり、円高継続論への疑念が示されていました。
しかし、巷では最近1ドル50円を目指すなどの話も増えていますから、これらを読んでいる人たちは混乱しているだろうと思うのですが、平九郎的には、やはりドル安はもう長くは続かないと思っています。
このあたりの理由は上記のコラムを読んで頂ければ、綺麗に纏められていまして、実は文章のキレに感心して書き手をみたら、やはり日経でも切れ者で通る編集委員の滝田洋一氏でした。^^


まあ例え、滝田氏が円高への疑念を呈しているといってもそれだけで無条件に信じる訳ではありませんが、やはり他にも平九郎が感が良いなと考えるアナリストの1人は円安を見て居ると聞きます。
では何時から円安傾向がはっきりしてくるかですが、これはどうも短期的にはユーロ各国の国債各付け引き下げが起点となりそうなのと、中期的には日本の消費税増税・財政再建への動きに疑念が増して来る時でしょうが、両者がほぼ同時に起きることも考えられます。
しかも早ければ両方とも年内に起きる可能性がありますから、円高継続を前提としたポジションは取りたくないと思っています。
またこのところ大きく売られているGOLDですが、これは言ってみれば、資金のドル回帰を示しており、リーマンショックで起きた、危機のドル需要が起き始めていると見るべきでしょう。
なんといっても現状では依然ドルは世界の決済通貨であり、円やユーロより使い勝手が良いのです。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です