必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

宝くじ?

S&Pに続き、ムーディースが欧州国債の引き下げ見通しを出したためか、NY市場は昨日の上昇を取り消すように162ドル下げ、今日の東京も売り物でスタートとなりそうです。
まあムーディ―ズの格下げは早くても来春になりそうですが、S&Pは年内にも引き下げる可能性があり、今年のサンタは悪いプレゼントを置いて行きそうです。
さて師走も既に中盤に差し掛かり、今年も残りもあと僅かですが、どうも上記のクリスマスプレゼントの中身を見るまでは落ち着かず、昨日発行された四季報をパラパラと捲っていますが、やはり内需関連株は既に売り余地が無くなっています。
そこへ証券会社で売れ筋だったブラジル投信等にトラブルが多発したため、販売規制がかり、資金の国内還流を促している側面が出始めており、12日設定された「日本株割安株ファンド」が最近では多い、75億円を集めたといいます。


しかも日経ジャスダック平均は昨日で4日続伸しており、海外の要因に影響されやすい、大型株を避け、独自の材料だけで動ける中小型株に個人の資金が集まりだしていることが伺われます。
ジャスダックなどの小型株は一旦動き出すと、長期間連続して上昇することも多く、特に相場の回復期にその傾向が顕著ですから、個人投資家には人気があるのです。
これら小型株は機関投資家には扱いずらいものですから、個人が動き出すときにしか、手が付けられないことも多いのですが、現在がその時でしょう。
年の瀬のひと時、宝くじ代りに国内小型株を狙ってみるのが面白そうです。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です