必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

そんなの関係ない!!

明け方目が覚めてPCを付け、寝ぼけ眼でNY株価を見たら236ドル安と昨日と同じ下げです。
そこで思い出したのは昨日オバマ大統領が七面鳥に恩赦を与えている映像で、昨日は感謝祭でNY市場はお休みだと言うことです。(笑)
さて昨日の東京市場はとうとう節目と見られていた8200円を割り込み、下値の目途が付かない状態となりましたが、注目されるのがソニーやパナソニックなどで、特に好材料が出た訳でもない中、僅かながらも上昇して終わりました。
ポイントは好材料もなく、市場全般が大幅安をしている中での上げだと言うことで、これが所謂下値抵抗感が出てきたと言うやつですが、買っているのは主に上値で売っていた売り方で、いわば空売りの利食いの買戻しです。
最も好材料が無い中での上げですから、まだ売れるとばかり、ここから新規に空売りを仕掛ける輩もいるわけですが、まあ利食い派の圧勝に終わる可能性は強いでしょう。


ではすぐに上がるかと言えばそれも難しいようで、裁定や、信用などにまだ多少売り残しがある為、今しばらくは低位での空売りを溜め込んでからでないと、上昇力も弱いです。
従って、ここからは株価の上昇に必要なのは好材料よりむしろ、積極的な悪材料で、悪材料によって低い位置での空売りを誘い、それをバネに上昇傾向に移ると言うのが大底時のパターンです。
出れば驚くお化けでも見慣れてくれば、次第に驚きも無くなるものです。(笑)
第一欧州通貨危機もソロソロ飽きてきました。(笑)
リーマンショック後の最安値を更新したことで、そろそろ、内需株では『関係ないものは関係ない』と開き直る動きが出てくると考えています。(^_^)

2 Comments

自悠人

日本の場合、イタリア等と違い消費税率が低いのでそれをイタリア並にすれば、恐らく財政は黒字化だと思います。
G20で消費税増税に言及したので、国際公約に近いものになっており、先進国最悪の国債GDP比ですが、消費税増税期待と国債の国内消化率で日本国債はまだ値を保っているのではと思います。
 今のところ新聞を読む限り増税をやるともやらないとも言えず、半身の状態ですが、状況によっては日本に飛び火する可能性もあるかなと感じています。
メガバンク3行の利回り平均が5%弱なのに加え、内需株で高利回りのものが目立ってきましたが、阪神大震災付近の国債利回りまで利回りが上昇すれば、日本株も割安とは言い切れない状態かなと考えています。
 それであまり積極的になれずにいますが、どうでしょうか。

返信する
heikurou

自悠人さん
おっしゃることは全てその通りで、まだ全て終わったとはいえませんが、底が近いのも間違いないと思っています。
現状は世界中に物凄い待機資金がありますから、方向性がでれば早いのではないでしょうか。
欧米からみれば日本はアジアの一部です。
ジムロジャースもバフェットも日本株が安いと言うのは外交辞令だけではないでしょう。(^_^)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です