必ずご自身で「確認」のうえ「自己責任」にてご利用ください。 当然ですが、損害を蒙ったとしても、なんら保証されるものでは有りません。

混沌の入り口

週末のNY市場でダウ平均が一時500ドル以上下げ、銅や銀、GOLD、プラチナなども大きく値を下げました。
さて問題は東京株式市場に対する影響ですが、日銀の出方次第とはいえ、月曜が比較的小幅な下げで済んだとしても、結局日経平均の8000円は割れ程度は最低覚悟した方がよいのでしょう。
あと問題は注目のGOLDとプラチナですが、両者とも考えていた予想の下限まで下がっており、当たるかどうかは別として正直言えば、これ以上の下落は考えていません。
理由は今後のGOLDは、商品としての側面より、価値を保存する通貨としての側面がヨリ強く出て来ると思っているからです。
さて週末のNY市場が大きく下げた原因ですが、簡単に言ってしまえばバーナンキFRB議長への期待が強すぎたと言ってよいのではないでしょうか。


また別の側面では実態経済に比べて、増えすぎたマネーが相場の振幅を大きくしており、その結果楽観論が先行したり、悲観論が先行した場合の株式相場のブレを大きくしており、世界経済のかじ取りを難しくしています。
そして今回は悲観論が先行した結果、ギリシャや、ポルトガルのデフォルトを既に織り込み、遥か先のユーロ崩壊まで織り込もうとしているかのようにさえ見えます。
結果世界中のマネーが、どこへ向かったら良いのか困惑し始めており、それが様々な相場の波乱に繋がっていますが、何れ方向性は明確化し、結論はその困惑したマネーが、GOLDに代表される貴金属に集中するのだと思っています。
従って今回のGOLDの急落は、次のバブルへ向けた絶好の買い場を提供してくれたものと考えています。(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です